IFP で Windows 10 PC に接続するときにはタッチ(オフセット)問題があるのに、Win 7 などの他の Windows PC と接続するとこの問題が解消するのはなぜですか?

Windows 10 とのタッチオフセット問題に遭遇する場合は、ユーザーにベストなディスプレイ体験を提示するための異なる画面に対する Windows の自動 DPI スケーリングサイズ(解像度、アスペクト比ではない)変更と関連しています。この場合、Windows 10 は IFP のスケーリングを自動的に 150% に変更しますが、ラップトップは 100% のままで、これがタッチオフセット問題を引き起こします。

ソリューション: この問題を解決するには、IFP にプラグを差し込んでから、手動でスケーリングパーセントを変更し、両方の画面のスケーリングパーセントが同じであることを確認してください(この場合は、100% であることが問題を解決します)。詳細については、添付ファイルを参照してください。
Need help?

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせはこちら

FAQ

お問い合わせの多い質問はこちらから。

FAQを見る

ダウンロード

最新のソフトウェア、マニュアル、カタログはダウンロードはこちらから。

ダウンロードページへ進む