クラウドコラボレーションは、会議室を創造力の源泉に変革する

2017.05.02 by 

全員が同じ方向に進んでいる場合、企業は何を達成できますか? 多くの人々が革新、コラボレーション、および創造性から得られる収益性の増大について語りましたが、収益を生み出す方法に焦点を合わせた人はわずかです。これに対する簡単なソリューションは、会議室の技術のアップグレードです。

企業の従業員に必要なこと
Forrester はある調査において、「IT と施設のワーカーは、企業内の技術ベースの会議において、一貫して課題を過小評価し、有効性を過大評価してきました。この調査における IT、施設、および情報のワーカーは、コラボレーション機能の強化を求めています。これは、スタッフの成長と維持だけでなく、生産性、エンゲージメント、およびビジネスイニシアチブを向上できます」と指摘しています。

次に、Forrester による主な調査結果と推奨事項を示します。
    ● Forrester の調査によれば、「時代遅れのコラボレーション技術は、生産性を抑圧し、増収の速度を低下させ、市場投入までの期間の短縮を阻害します」という結論を下しました。
    ● 情報ワーカーの 83% は、生産性の向上に必要なのは、高度なコラボレーションツールだけだと述べています。
    ● 回答者の 70% は、タイムゾーンを超えてアイデアを作成、編集、共有できるクラウドベースのワークスペースを求めています。
    ● 回答者の 57% は、スケーラブルなタッチ操作対応のインタラクティブディスプレイがその答えであると語りました。
    ● 次世代コラボレーションソリューションを探して、会議における生産性と有効性を高め、雇用を維持します。
    ● オフィス内の技術をアップグレードして、モバイル革命に追従します。
    ● 強力なリモートコラボレーション機能を含むタッチスクリーン対応のデバイスを使用する包括的なソリューションを活用します。

クラウドコラボレーションが重要である理由
時間はビジネスで最も重要な再生不能資源です。時間を最も有効に利用する企業は、成長を加速する無敵の市場優位性を保有します。時間管理の重要性はモバイル革命をもたらし、現在のビジネスの 81% はクラウドベースのアプリケーションに依存しています。ビジネスがデスクトップからモバイルデバイスに徐々に移行するにつれて、リモートで働く従業員の割合が急増し、その結果、会議の効率が低下しました。

クラウドコラボレーションツールは、時間、場所、またはデバイスに制約されないコラボレーションが強化された会議を促進するための最良の選択肢ですが、企業の会議の習慣の対応は遅れています。「The State of Mobile Enterprise Collaboration」のレポートによれば、成功のために必要なインタラクティブクラウドコラボレーションツールを保有する企業は、約 3 分の 1 に過ぎません。業界のリーダーは、この接続性の欠如を利用しています。

他方で、コラボレーション技術は一部の IT 専門家にとっても手ごわい相手です。AVI-SPL の調査によれば、IT 専門家の半数以上は、会議室のシステムが複雑すぎて使いにくいと見なしています。4 人のうち 3 人は、会議室内の技術において困難に直面したと語りました。クラウドコラボレーション技術が価値を発揮するには、洗練されていることと使いやすいことの両方が必要です。

会議の未来
未来の会議スペースは、直感的でインタラクティブ、ネットワーク接続性および 1 日を通して設定を変更できる柔軟性を備えているでしょう。IACC が調査した企業 AV システムのインテグレーターおよびその他の業界の専門家は、今後 3 ~ 5 年間の会議室技術のトレンドに関するビジョンを定義しました。調査を受けた人の 3 分の 2 は、会議室システムの柔軟性は最も優先度が高いと語り、65 パーセントがインタラクティブ・ホワイトボードへの信頼できるアクセスを求めていました。

ソリューションには幅広い機能とポートが搭載され、さまざまなセットアップに対する設置の柔軟性を提供する必要があります。プレゼンターは画面にタッチするだけで必要な機能を起動できる必要もあります。このパズルの最後のピースは、世界中のどこからでも会議の参加者が他のチームのメンバーとともにドキュメントにアクセスしてコラボレーションできるようにするためのクラウドへのアクセスです。

この分野で最も予期されていなかったことは、あらゆる従業員が創造的で生産的になるために必要なものすべてが、新しい Google Jamboard という単一のデバイスに盛り込まれて開発されたということです。

Google Jamboard の概要
すべての最も高度なコラボレーション技術を単一のインタラクティブ・フラットパネルディスプレイに組み込んだデバイスを想像してください。それが Google Jamboard です。Google Jamboard は、Full HD テレビ会議システムを導入できるタッチ駆動のデジタルホワイトボードです。ユーザーは、作業内容をクラウドに保存し、リアルタイムで他のユーザーとコラボレーションすることもできます。

広い 55 インチの 4K パネル・ディスプレイには、60 ヘルツでリフレッシュする広角 1080p Web カメラが付属します。Google Jamboard は HDMI 2.0、USB Type C、USB 3.0、Ethernet およびその他のポートを搭載しているため、チームのメンバーは、必要なほとんどすべてのデバイスに接続できます。

結論
今日の従業員は、時間と距離を超えて共同作業するために高度なツールが必要です。クラウドコラボレーションツールによって技術革新を促進する企業には、市場に投入するまでの期間が短縮され、増収ペースが加速する財務上のメリットがあります。Google Jamboard のようなツールは、平均的な会議室を創造的な技術革新のインキュベーターに変換できます。

会議をさらに生産的で効率的にするための実用的なソリューションについては、BenQ にお問い合わせください 。BenQ は、よりインテリジェントな会議技術を提供することによって、業績の向上を支援します。社内でブレインストーミングしたり、お客様とコラボレーションする際に使用する会議室の技術は、企業の業績に直接影響します。Google Jamboard は、BenQ が個々のビジネスニーズを解決するために展開できる多くのツールの 1 つです。

Need help?

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせはこちら

FAQ

お問い合わせの多い質問はこちらから。

FAQを見る

ダウンロード

最新のソフトウェア、マニュアル、カタログはダウンロードはこちらから。

ダウンロードページへ進む