デザインに対する改訂要求を減らす 7 つの方法

2017.12.27 by 

お客様のビジョンを即座に完全に理解することは困難なため、デザインプロセスには、一般にいくつかの修正が発生します。ただし、修正のプロセスにすべての時間を費やすべきではありません。代わりに、次のヒントを使用して、次のプロジェクトで修正に費やす時間を短縮してください。これにより、より早期にお客様が最終結果に満足し、デザイナーは次のプロジェクトに進むことができます。

1. 実行する修正の数を事前に伝える
契約には、お客様のために実行する修正の数を記載する必要があります。そうしなければ、お客様は無制限に修正できると期待する可能性があり、それにより、当初想定していた時間より多くの時間を費やすことがあります。プロジェクトに対して 1 ~ 3 回の修正を行うのが一般的ですが、どの選択が最適であるかを決定して契約に記載します。お客様が修正を要求する期間を設定することもできます。そうしなければ、プロジェクトが完了したと見なした後、何か月も経過してから予期しない修正を受け取ることがあります。

2. お客様が修正数を追跡できるようにする
お客様は 3 つの修正が実行されると知っていても、これまでいくつの修正が実行されたかが分からないことがあります。これは、修正を何回実行し、編集をするたびに後いくつの修正が残っているかをお客様に知らせることによって、簡単に解決できます。これは、電子メールの件名に「3 つの修正の最初の修正」などを追加して、簡単に実行できます。プロジェクトに使用している他のすべての技術にも、簡単に同じ処理を行うことができます。

たとえば、Google Jamboard を使用してお客様とコラボレーションしている場合は、ボードの上部に「3 つの修正の最初の修正」というメモを記載します。デジタルホワイトボードで実行する作業は、Google Drive に自動的に保存されるため、いつでも双方が記載した内容を見て、どの修正であるかを確認できます。

3. デザインプロセスのすべての段階にお客様の参加を促す
修正の数を減らすには、できるだけ早期にお客様のビジョンを理解するように努めます。これをすべてのお客様に確実に行うための方法はありませんが、プロセスのすべての手順に関する最新情報をお客様に提供することによって、その確率は高くなります。つまり、いくつかのブレーンストーミングセッションを実行するなどにより、作業を開始する前にお客様の要望をはっきり把握します。

Google Jamboard を使用すると、双方が同じ部屋に座って、インターネットから画像やビデオを追加したり、グラフィックスを描画したりしながら、交代でボードに書き込むことができるため、そのために最適なツールです。お客様と直接会うことができない場合にも、Google Jamboard を使用すると、どこからでも相手とコラボレーションできるため、クラウドベースのデジタルホワイトボードでブレインストーミングを行うことができます。したがって、参加者が国内各地に散在している場合にも、複数のアプリをダウンロードする必要なしに、プロジェクトに一緒に取り組みながらモバイルデバイスからのコンテンツを参照および編集できます。

4. リアルタイム編集
最初から密接にコラボレーションすると、必要な修正数を減らすことができます。プロジェクトを開始したときに双方が大筋で同意している場合にも、デザインが実際に形になるにつれて、何度かの修正が必要になります。リアルタイムでプロジェクトを編集すると、お客様の説明を聞きながら修正できるため、お客様が求めている結果を得ることができます。

Google Jamboard を使用すると、タブレット、スマートフォン、または Web ビューアからリモートのジャムに参加できるため、お客様は出先からでも修正の内容を指示できます。電話会議を行う場合は、Google Hangouts が Google Jamboard と完全に連携しているため、Google からこの強力なツールを活用できます。実際に、このビデオ会議ツールは、ほとんどの企業が使用している非常に人気の G Suite に含まれているため、多くのお客様がすでにこのツールに慣れているはずです。

5. デザイン上の選択の根拠を説明する
プロジェクトの修正数を減らすもう 1 つの方法は、デザイン上の決定を行う理由をお客様にしっかり説明することです。これは、デザイン全体をお客様に提示するとき、またはプロジェクトのそれぞれの段階の最後に実行できます。どちらの場合にも、Google Jamboard を使用してお客様をジャムに招待し、Google Hangouts セッションを設定し、お客様の質問に答えながらデザイン上の選択の根拠について説明します。

6. 視覚化する
デザイン上の決定を行うときは、アイデアを視覚的に示すより、言葉で説明するほうがはるかに時間がかかります。Google Jamboard のようなデジタルホワイトボードを使用すると、アイデアの概略をスケッチして、必要に応じてお客様に承認または変更してもらうことができます。アイデアを言葉で説明する必要がある場合は、画像やビデオを追加したり、ボードに簡単なメモを書き込むことができます。

7. 複数の関係者からフィードバックを受ける
多くの場合、お客様は社内で唯一の意思決定者ではありません。お客様はひとりまたは複数の関係者に回答し、その人々がプロジェクトを受け入れる前に結果を承認する必要がある場合もあります。したがって、複数の関係者がデザインを確認するに従って少しずつ変更するのではなく、一度にすべてのフィードバックを収集するために、Google Jamboard を使用して、お客様の会社の意思決定者とともに Google Hangouts 会議を設定することを検討します。

一般的には、お客様に対して終始オープンであれば、行き過ぎた修正を避けることができます。Google Jamboard を使用すると、お客様と容易に密接な関係を維持できます。他のデジタルホワイトボードとは異なり、Google Jamboard は、あらゆるクリエイティブなオフィスにぴったりのスタイリッシュなデザインで、何も表示されていない状態でも見栄えの良いボードです。Google Jamboard というユニークなビジネスツールの詳細については、今すぐ当社までお問い合わせください

Need help?

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせはこちら

FAQ

お問い合わせの多い質問はこちらから。

FAQを見る

ダウンロード

最新のソフトウェア、マニュアル、カタログはダウンロードはこちらから。

ダウンロードページへ進む