PM と開発者のコミュニケーションを改善するための 5 つの方法

2017.11.30 by 

技術の破壊的なインパクトのおかげで、最近、「あらゆる会社がソフトウェア会社である」と言われることがよくあります。ソフトウェアが組織にもたらすことができる多大な価値は、ソフトウェアやアプリを開発するすべての会社にとって、開発者は重要な役割を担うことを意味します。結局、開発者は抽象的なビジネスのビジョンを動作可能なコードに変換する専門家です。

しかしながら、主な意思決定者であるマネージャーと開発者にとって、会議中に全員が合意するようにするのは必ずしも容易ではありません。チームのリーダーは、主にビジネスの要件を満たすことを考え、開発者は一般に目前の複雑な技術的問題を解決することに集中します。

このような課題に聞き覚えがあるなら、あなたは今、正しい場所にいます。幸いにも、このような課題に対処するための新種の技術ソリューションが生まれました。ホワイトボードは近年、改善されてデジタル時代に入り、面倒なホワイトボードマーカーを使用しない、さまざまなコラボレーション機能を提供するようになりました。

最も優れたデジタルホワイトボードの 1 つは、クラウドベースの 4K 画面の美しさを備えた Google Jamboard で、Google の強力な G Suite に完全に統合されています。Jamboard を使用すると、リアルタイムでコラボレーションし、Google Drive および内蔵されているGoogle ウェブ検索から取得したマルチメディアのマテリアルを使用してリッチでカラフルなコンテンツを作成できます。複数のユーザーが同時に同じキャンバスを編集でき、すべての作業は自動的に Google Drive に保存されます。

マネージャーとソフトウェア開発者が Google Jamboard を使用して、より効率的で効果的な会議を行い、最終的にプロジェクトをさらに成功に導くための 5 つの方法の概要について次に説明しています。

1. スケッチボード
スケッチボードは、さまざまな画面やアプリケーションのユーザーインターフェイスのパーツを表示するために使用する描画機能です。このようなビジュアルモックアップの作成は、すべてのチームメンバーが完成製品をより明確に把握するために不可欠なブレーンストーミング作業です。Jamboard を使用すると、簡単にスケッチを描画、インポート、サイズ変更、再配置し、後で使用するために保存できます。

2. フローチャート
ソフトウェアは、外観だけでなく、内部ロジックも作成する必要があります。フローチャートは、ユーザーがアプリケーションを使用してどのように進むかを表すための貴重なツールです。Jamboard でフローチャートを作成すると、手書き文字や手書きで描画した形状が読みやすい文字や明確に定義された線による鮮明なポリゴンに変換されます。Jamboard では、フローチャートは単なる情報だけでなく、美しい情報画像になります。

3. プロトタイプとワイヤフレーム
アプリケーションのインターフェイスとロジックの概要を描いたら、Jamboard を使用して、プロジェクトの各部がどのように集約されるかを理解するために、ソフトウェアのワイヤフレームとプロトタイプを描きます。アプリケーションのプロトタイプのさまざまなスクリーンショットを編成し、会議中にそれらを提示して、チームメンバーのコメントを書き込むことができます。

4. マルチメディアコンテンツ
会議中にサポートが必要な場合、Jamboard はサポートのプロセスを簡素化できます。画像、ビデオ、マップ、および Web ページを単一のコラージュにまとめることにより、関連情報を持ち込んで、簡単に元のディスカッションを強化できます。Jamboard は、会議の参加者全員が共有できる知識網の構築に役立ちます。

5. ビデオ会議
従業員が異なるオフィス、さらには世界中に散在している今日のビジネス環境では、効率的なコミュニケーションはさらに困難になっています。Jamboard の場合は、Google Hangouts を使用して画面を共有し、同僚や共同作業者とやり取りできます。複数のユーザーが、各自のスマートフォンやタブレットを使用して同じキャンバスを編集できます。電話会議が終了したら、コンテンツを画像または PDF ファイルとして保存して、参加者全員に簡単に送信できます。

最終結論
これらの高度な Jamboard の機能は、会議中に大いに能力を発揮しますが、このすべての優れた新技術の中で、チームコミュニケーションの基礎を忘れないことが大切です。会議に参加して、チームのメンバーの方向性が意図せずに前回の会合より分散していることが判明しただけで終わるほど悪い結果はありません。結局、時間と労力を浪費しただけになります。

このような事態を避けるために、それぞれの会議中に開発者とマネージャーの両方が大筋で同意していることが絶対に必要です。新製品およびその機能の構築とテストのプロセスをすべての参加者が確実に理解するようにしてください。

会議中のコミュニケーションは重要ですが、1 週間を通して定期的な確認を行うことも同様またはそれ以上に重要です。これにより、開発者の作業が引き続きビジョンに沿っていることを確認できます。これにより、早い時期に潜在的な問題を識別できるため、会議でそれについて初めて議論するのではなく、問題解決に時間を割くことができます。

Need help?

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせはこちら

FAQ

お問い合わせの多い質問はこちらから。

FAQを見る

ダウンロード

最新のソフトウェア、マニュアル、カタログはダウンロードはこちらから。

ダウンロードページへ進む