お客様からデザインに関する有益なフィードバックを収集するための 4 つのヒント

2017.11.09 by 

正しいクリエイティブコンテンツやデザインを得るには、お客様の好き嫌い、嗜好、好みなどを知る必要があります。これらのベストプラクティスと正しいコラボレーションツールがあれば、お客様からのフィードバックをすばやく効率的に処理できるため、すべての人々の時間とコストを節約できます。

デザイン目標の再確認
フィードバックプロセスを開始する前に、プロジェクトの目標を再確認します。これにより、助言や変更を微調整するための基準をお客様に提供し、実用的な結果を得ることができます。特定のデザインの詳細などの個別のフィードバックに関しては、会議の始めにそれを述べて、協議の焦点を明確にします。

Google Jamboard を使用して、デジタルホワイトボードの最上部に目標を書き込むことによって、プロセスを開始します。ホワイトボードに走り書きしても、ボードの Handwriting Brush 機能によって読みやすいブロックテキストに変換されるため、お客様は簡単に読むことができます。

正しいチャネルを使用してデザインのフィードバックを求める
お客様との通信には電子メールが一般的に使用されますが、デザインのフィードバックは電子メールでは困難です。デザインの詳細を示したり、考えをことばで表現したり、期待しているフィードバックを説明したりするのは容易ではありません。お客様がデザインに何を求めているかを明確に述べるのも困難です。

Google Jamboard のような技術を使用すると、対面の会議をスケジュールして、デザインのアイデアを示すことにより、お客様と簡単にアイデアを視覚的に共有できます。オフィス内でボードを移動して、会議を自分のオフィスまたは大きな会議室で設定します。お客様に実際に会うことができない場合は、Google Hangouts コールをスケジュールして仮想会議を設定し、Jamboard を使用してアイデアを提示し、お客様の Google Jamboard 画面と共有します。参加者はスマートデバイスを使用して会議に参加し、ボードにメモを追加できるため、簡単かつ迅速にフィードバックを得られます。

具体的なフィードバックを求める
「このデザインをどう思いますか?」などのあいまいで一般的な質問は避けます。代わりに、デザイン全体にわたって、要点ごとに質問します。お客様にカラー、形状、フォント、およびその他の詳細について尋ねてください。Google Jamboard を使用して、デザインのそれぞれの決定に対してメモを書き込むようにお客様に求めます。お客様が修正を希望する各特徴の横に仮想付箋を追加してもらいます。次に、具体的なフィードバックを使用して、デザインを変更します。お客様の希望を推察する必要なく、すべてを実行できます。

デザインの選択に対するサポートを提供する
デザインを提示するときは、デザインを決定した理由を説明します。それぞれの選択の理由について順を追って説明し、それぞれの詳細がどのようにプロジェクトの目標の達成に貢献するかを説明します。実行したすべてのユーザーテストを説明し、そのデザインを選択して、どのようにユーザー体験や顧客転換率が改善されるかを示します。デザインのそれぞれの詳細およびその理由を提示して、Jamboard で注釈を付けて説明した後に、お客様のフィードバックを求めます。回答済みの質問、変更する項目、およびデザインに対する自信を示すことができます。デザインへの変更をリアルタイムで更新して記録することにより、追加の修正数を減らし、早期の完成にプロセスの焦点を合わせることができます。

クリエイティブチームは、社内だけでなく、お客様とも実際的で洗練された方法でコラボレーションする必要があります。Google Jamboard を使用すると、プロセスを合理化して、デザインのフィードバックと顧客エンゲージメントを最大限に活用できます。Google Jamboard が、デザインプロセスの円滑化にどのように役立つかについて詳しくは、今すぐ当社にお問い合わせください

Need help?

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせ

私たちがお手伝いさせていただきます。

お問い合わせはこちら

FAQ

お問い合わせの多い質問はこちらから。

FAQを見る

ダウンロード

最新のソフトウェア、マニュアル、カタログはダウンロードはこちらから。

ダウンロードページへ進む